施工管理の業務のいちばんの肝は「安全管理」②

施工管理の仕事の仕事で安全管理はいちばん大切な業務です。

なかなか求人の段階で見つけるのは難しいですが、安全管理に関する知識を事前にもって面接に臨むと印象もよくなりますよ。

求人に応募する前にぜひ勉強しておきましょう。

◇安全管理のポイント

もし施工管理の仕事に就くことになった際、円滑に工事を行えるような安全管理に関して以下のようなポイントが挙げられます。

・ヒヤリハット 語感で想像がつきやすいかと思いますが、事故を防げたものの「ヒヤリ」とした経験、「ハッと」した事柄が工事では頻繁に起こります。

そういったヒヤリハットの体験を作業員と社員の間で共有し、改善に導くのが施工管理では大切です。

・余計な機材・資材の撤去、環境改善などにつとめる 事故の原因のほとんどが管理を怠ったことによるものです。

落下物を防ぐために片付けを頻繁に行う、危険な重機を扱う場合はコーンで囲いを作るなど、小さなことが事故防止に繋がります。

・KYK・KYT 「危険予知活動」の略称であるKYK、「危険予知トレーニング」のKYTを現場で徹底させることが安全管理の一歩です。

リスクを想定した訓練や話し合いを行うことによって、万が一の災害など予期せぬトラブルに備えることができます。

・5S運動 「整理・整頓・清潔・清掃・しつけ」の5項目を略して5Sと呼んでいます。

常日頃から5Sの取り組みをすることで、工事現場の環境改善や作業員の安全に繋がります。